中田英寿TAKE ACTION 2008(+1フットボールマッチ)【7月11日再放送】


元日本代表サッカー選手、中田英寿さんが主催する、環境問題や貧困問題などのチャリティーイベント。

TAKE ACTION 2008(+1・プラス・ワン)
「プラスワン フットボールマッチ」


待望の再放送が、7月11日(金曜日)19時よりBS日テレで行なわれる。
6月8日の試合当日見逃した人には朗報だ!

TAKE ACTON! 2008プラスワンフットボールマッチは、中田英寿さんが世界中を駆け回り、多くの人との出会いや、旅先で人々の生活に触れることによって感じたこと、何をしていいのか分からないから私たちが地球の未来のために「なにかできること、ひとつ。」を多くの人たちに呼びかけるイベントだった。

北海道洞爺湖サミットで議論される環境や貧困などのテーマを各国の若者が話し合う「ジュニアサミット(J8)」(外務省、ユニセフ主催)がはじまり、J8の趣旨に賛同したサッカー元日本代表の中田英寿さんも駆けつけたそうだ。


《JAPAN STARS》
■監督:釜本邦茂 コーチ:山本昌邦
★GK
下川健一、曽ヶ端準、林彰洋、
★DF
中田浩二、中村忠、柳本啓成、中西永輔、秋田豊、名良橋晃
★MF
下平隆宏、永井秀樹、奥大介、岩本輝雄、遠藤彰弘、前園真聖、澤登正朗、北澤豪、中田英寿、山口素弘
★FW
大黒将志、松原良香

《WORLD STARS》
■監督:ジョゼ・モウリーニョ コーチ:ルイ・ファリア
★GK
ベルナール・ラマ、パオロ・オルランドーニ
★DF
ジュリオ・セザール、スン・ジ、ホン・ミョンボ、、マッテオ・フェラーリ、パオロ・モンテーロ、ゼ・マリア、ロッキ・ジュニオール、
アウダイール
★MF
イ・ホ、ドミトリ・アレニチェフ、オリヴィエ・ダクール、セルジーニョ、リカルド・モントリーボ、マルコ・マルキオンニ、マティアス・アルメイダ、エドガー・ダービッツ、クラレンス・セードルフ
★FW
イルハン・マンスズ、パトリック・エムボマ、サルヴァトーレ・スキラッチ、イヴァン・サモラーノ

関連情報


中田英寿さんの「プラスワン フットボールマッチ」


今日、元日本代表サッカー選手、中田英寿さんが主催する、環境問題や貧困問題などのイベントTAKE ACTION 2008(+1・プラス・ワン)「プラスワン フットボールマッチ」を観戦するため、新横浜の日産スタジアムまで行って来た。新横浜から日産スタジアムまで行く道中、協賛している企業ブースが沢山あった。なかでも「バイトルドットコム」という有名なアルバイト求人サイトのブースが賑わっていた、かわいいネズミのキャラクター目当てに大勢の人で賑わっていた。

試合は、中田英寿さんが現役時代をほうふつさせるプレーで私たちを魅了した。なかでもジャパンスターズの監督釜本邦茂さんが、突然ユニフォームを脱ぐ映像がモニターに映し出されたときは、観衆がどよめいた。釜本さんがピッチに立つと大きな拍手が起こり、手を振って観衆にこたえていた。肝心のプレーは、歳をとってかなり遅い印象でワールドスターズのメンバーもチャリティーマッチということもあり足を出さず、観客の笑いを誘った。

日本でプレーしていた、エムボマ、イルファン、スキラッチや私が大好きだった元オランダ代表、エドガー・ダービッツなどの生のプレーを見ることができてとても感動した。

今回のTAKE ACTON! 2008プラスワンフットボールマッチは、中田英寿さんが世界中を駆け回り、多くの人との出会いや、旅先で人々の生活に触れることによって感じたこと、何をしていいのか分からないから私たちが地球の未来のために「なにかできること、ひとつ。」を多くの人たちに呼びかけるイベントだった。試合後のインタビューでそれを熱くかたっいる姿に感動した。また、参加した世界中の選手たちが、「役に立ちたいから、こんなイベントあったらまた誘ってくれ」と言っていることもとても印象に残った。

「なにかできること、ひとつ。」
分かっていても日常生活の忙しさ、余裕のなさの中で忘れてしまう。
どんな小さなことでもいいから、毎日、意識して実戦していきたいと思います。みなさんはいかがでしょうか・・・・?


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。