野村ノート 楽天野村克也監督の著書(本)・感想


人間的成長を重んじ、人と組織を変え成功に導く、名将・野村克也の野球哲学。
野村克也氏の「野村ノート」の購入を検討している人はこの感想を参考にしてみてください。

ヤクルト、阪神、社会人野球のシダックスなど数々の球団を渡り歩いてきたの監督として、優れた選手の育成、チームの改革に注力し、その実績は誰もが認める野村監督。野球人生の原点になっている「野村の考え」をまとめ、具体的な試合や選手の例を挙げながら、配球術から采配、選手の育成法など、多岐にわたって解説、指導者のあり方を説いていきます。

■ヤクルト・古田と巨人・阿部の違い。
■清原の打撃に抱く疑問。
■西武・松坂が打ち込まれる理由。
■阪神・遠山が松井を抑えられた理由。 など

野村克也の野球人生の原点になっている「野村の考え」をまとめたこの1冊、企業経営者、役員、管理職など様々な場面で部下を指導するマネージメントに携わるかたには、必ず購入して読んでおきたい一冊だ!

古本・中古本も通販でもかなりありますで安く購入できます。

野村ノート
この本の詳細はこちら


野村の眼―弱者の戦い/著書野村克也の感想

■その他、関係書籍一覧
 野村克也 著書
・「野村再生工場」 叱り方、褒め方、教え方
・「弱者の戦い」
・「エースの品格」 一流と二流の違いとは
・「巨人軍論」 組織とは、人間とは、伝統とは
・「<新装版>敵は我に在り」 上巻・下巻
・「あぁ、阪神タイガース」 負ける理由、勝つ理由
・「憎まれ役」

 山崎 武司 著書
・「野村監督に教わったこと」―僕が38歳で二冠王になれた秘密

野村克也人気著書一覧 通販で販売中
タグ:野村克也

野村の眼―弱者の戦い 楽天野村克也監督の著書


最高指揮官の「頭脳と情報戦略」
勝負事は”洞察とギャンブル”の心理戦である。
東北楽天ゴールデンイーグス監督 野村克也氏の著書
WBCの監督候補にも挙がっている指揮官である。

野村の「眼」―弱者の戦いを紹介したい。
(KKベストセラーズ)

私が、この本を読んだ感想も踏まえて紹介したい。
購入を健闘しているかたは、是非、このブログを参考にしてみてください。

この本には、野村克也氏が18歳で球界に身を投じ、半世紀以上のわたった野球人生の中で現代のリーダー論や組織論、情報戦略をなど分かりや綴られている。企業経営者、役員、管理職など様々な場面でマネージメントに携わるかたには、必ず読んでおきたい一冊だ!

テスト生としな南海ホークスに入団し、1年目のシーズンオフに戦力外通告を言い渡され、球団マネージャに懇願してスタートした野球人生。選手時代、プレイングマネージャー時代、評論家時代、監督時代と様々な場面で、経験し実践してきたことが綴られている。

■詳細
・長島采配。
・ダルビッシュに代表されるエースの条件。
・田中将大(マー君)。
・甲子園のヒーロー荒木大輔。
・川崎憲次郎。
・ブンブンまる池山隆寛。
・ID野球の申し子古田敦也。
・中日落合博満監督の深層心理。
・天才イチロー(マリナーズ)攻略法。
・日本通算286セーブは歴代1位。高津臣吾投手を支えたシンカー。
・俊足捕手飯田哲也のセンターコンバート。
・星野仙一について。
・楽天で大きな花を開いた、山崎武司選手。

その他、野村語録、やぼやき、名言など盛りだくさんだ。

「自己コントロールとは、欲から入っていかに欲から離れるかにある」

謙虚さ素直さが大切であるが、「感謝」が人間形成の基本。
このスタンスが、考える力、感じる力、備える力を生み出してゆく、キャッチャー革命から始まった、ID野球の醍醐味をこの1冊で味わって欲しいと思います。

福岡ダイエーホークスの王貞治監督が勇退し、またひとり球界を代表する監督が現場を去る。さびしいことだが、野村監督には最後まで現場で野球に打ち込んでいる最高の笑顔が見たいのもだ。

野村の「眼」―弱者の戦い
この本の詳細はこちら


「野村ノート」野村克也監督の著書(本)の感想


■野村克也人気著書一覧 通販で販売中・その他、書籍一覧
野村再生工場 ――叱り方、褒め方、教え方 (角川oneテーマ21 A 86)
野村ノート
エースの品格 一流と二流の違いとは (Clickシリーズ)
巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは (角川oneテーマ21)
<新装版>敵は我に在り 上巻下巻 (ワニ文庫)
あぁ、阪神タイガース―負ける理由、勝つ理由 (角川oneテーマ21)
憎まれ役
弱者の兵法 野村流 必勝の人材育成論・組織論
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。